blog

しつこさ

従兄弟はお決まりの夏休みの宿題である読書感想文を中学1年生から高校3年生までずっと「老人と海」について書いたそうだ。毎年推敲し、新たな考察を付け加え、高校2年生の時には結構な賞までもらったという。この話を聞いたときは、単純に学校とは杜撰なところだと思っただけだった。つまり生徒が去年と同じ感想文を出してもチェックのしようがないのかと。いわんや論文のコピペなぞ。。最近ふとこの話を思い出して実は別の大事な教訓が隠れてるぞと思った。それは従兄弟の尋常ではない”しつこさ”である。いくらぐうたらだからといっても、ふと1年ぐらいは別の本を読み書いてしまう可能性は高い。リスクも抱えながら6年間続けるとは見上げた根性である。さらに大事なことは毎年ブラッシュアップさせていたことだ。賞を出した先生方はよもや中学1年生のときの感想文ベースにあったとは思うまい。なんと深くまで考えられた感想文だろうと感心したに違いない。
最近僕は物作りに必要なこと、デザインをする人間に必要なことの一つは”しつこさ”なんじゃないかとぼんやり思っていた。この話はその思いを強くさせる。
「まだあの人は同じことをやってる。」
これこそが褒め言葉だ。
しつこく同じことを繰り返すなかで、徐々に熟成させること、ブラッシュアップさせていくこと、その過程で発見することをもっと大事にしていこうと思った次第である。

no comment | Posted by adminTo Top






頂いたコメントは、内容を確認してから公開しておりますので、掲載されるまで時間がかかる場合があります。またメールアドレスはサイト上に掲載されません。