blog

スタッフ募集

スタッフ募集しております。

現在の仕事は、ホテル、住宅、別荘の建築設計、飲食ー物販のインテリア。小さなものですと、国内外における家具、照明メーカーとのデザイン、国内メーカーとのプロダクトデザインも行っています。家具、プロダクトは専門スタッフが担当しておりますが、興味があれば学べる環境ではあります。また設計経験のないスタッフであれば、まずは手を動かして材料とものづくりを学ぶことから始めます。

http://www.keijidesign.com

建築のクライアントは国内外、国籍も多岐にわたるため英語は少なからず理解することが求められますが、必ずしも必要というわけではありません。しかしながら長い目で見て語学のスキルは将来的には必要となるとおもいますので、そういった意味では弊社での経験は役に立つとおもいます。

仕事は幅広いのですが、あらゆるプロジェクトにおいて、建築を軸足にgood designを目指しています。それをともに目指するスタッフと、高いクオリティーで仕事をしていきたいと考えています。

仕事環境としては既存の設計事務所にあった過酷な労働環境はできるだけ払拭していきたいと考えております。様々な海外の設計事務所とのコラボレーションを経て、やや日本独自の体育会系な状況に(ようやくですが)疑問とともに効率の悪さも感じています。打ち合わせや急な仕事、打ち合わせがない限り週休2日です。できるだけweekdayで集中して仕事を終わらせるようにしています。また休暇や勉強のための休みに関しても仕事に支障が出ないようにスケジュールを組むことができれば柔軟に対応しています。

給料は能力に応じて幅広く考えております。会社が健全に経営できるかぎり、ともに働いてもらっているパートナーとしてボーナスで還元しております。連絡は下記ー

メールはこちらへ
info@keijidesign.com
MAIL

また、まだ会社化してから10年少しではありますが、徐々に弊社から卒業したスタッフも活躍を始めています。我々のところで一緒に働くことで、空間とマテリアルについては知らず知らずに学べる環境ではあるようです。彼らの仕事を見るとアーキテクトとしてのスキルがあること、そして材料やデザインへの知識と愛、そして快適で自由度のある空間を目指していることがわかります。同時に独立後も状況が許せば仕事をすることもあります。

http://pico-gram.com

http://nf-a.com/

我々のスタジオの特徴としては様々なコラボレーター、特に金属加工、木加工のスペシャリスト、照明制作会社とのコミケーションは常時行いながらデザインに反映させていくところです。それは家具や照明をデザインしていくなかで培ってきた我々独自のネットワークです。いかなるデザインおいてもデティールについて理解した上で空間を構想することは重要であると考えています。また昨今ランドスケープと建築の関係をしっかり考えさせるようなプロジェクトも出てきており、まだまだ学びの途中でありますが、ともに学びのよろこびを分かち合いながら仕事をしていければと思っています。

ポートフォリオ-PDFにてメールでお送りください。
資料を拝見させていただき、こちらからご連絡いたします。

芦沢啓治

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


『建築家が、もっと賢くしかも楽に働くための21の方法』

伊藤道子さんの翻訳により、アーキテクトがより賢く時間を使うためのヒントが日本語で読むことができます。どうぞシェアをしてご活用くださいませ。
伊藤さん改めてありがとうございました。

『建築家が、もっと賢くしかも楽に働くための21の方法』

 建築家は、日々、多くの障害物と困難に悩まされながら業務をこなしている。
例えばマネージングクライアンツ、共同設計者、請負業者らとのやり取り、最新のソフトウェアと技術に対応するための絶え間ないアップデート作業、プランニングの設計図を描き、書類を作成し、その合間に何かのデザイン業務が加わることすらある。ArchSmarter社が最初に公開したこの投稿は、建築家の生産性を最大限にして、不必要な仕事を最小限にする21のヒントを提供している。

プロジェクトのスケジュールは短くなる一方だ。建築物は複雑さを増している。私たちはすでにかなりのハードワークをこなしているのに、一日は24時間しかない。建築家にとって、もっと賢く、もっと楽に働くことは必須だ。効果と効率を最大限にするにはどうすればいいだろう?増加する一方の情報をうまく扱うには?より良く、そしてより早くデザインするには?

これらはそのための21の方法だ。

《作業を計画する》

1. “効果的”と“効率的”の違いを理解しよう。効果的というのは、正しいことをすることだ。効率的というのは正しい方法ですることだ。双方が重要だが、正しい方法でする前に、正しいことをしなければならない。そして、この二つを結びつけることで、もっと賢く楽に働けるようになる。

2. 80:20の原理を忘れないこと。あなたの全労力のうち、わずか20%の労力から80%の結果が生まれている。労力にではなく、結果に焦点を当てなさい。長時間働いたからといって、それと見合うだけの素晴らしい結果がいつも出るとは限らない。

3. あなたの作業プロセスの骨格を作りなさい。確かに、全てのプロジェクトは全く異なる。しかし、各プロジェクトにおける作業内容と節目自体はかなり似ている。プロセスの骨格を決めることで、省けるステップを見付けやすくなるし、プロセス自体をもっと効率的なものにしやすくなる。マインドマップを使うと良い。素晴らしいツールだ。

4. チェックリストを使おう。プロジェクト管理用ソフトウェアの多くは、チェックリストとto-do-listを作れるようになっている。一度プロセスの骨格を作ってしまえば、プロジェクトの各段階におけるチェックリストが作れる。決まって提出する書類や物はなに? 決まって出くわすことになる問題はなに?しょっちゅう見落とすものはなに?Atul Gawande氏の著書「The Checklist Manifesto, for practical advice on creating and managing checklists」が参考になる。

《時間に焦点を当てる》

5. 時間とは、作り出すことも保管することもできない唯一の資源だ。私達の最も貴重な生活必需品だ。あなたの時間をしっかり守り、効果的につかうこと。これ以上大切なことはない。

6. まず初めに、大きな岩を時間という瓶に詰めよう。

7. これまでより短い時間で働くことにチャレンジしよう。そうすると、一番大切な仕事に集中せざるをえなくなる。ある調査によれば、週40時間を超える仕事は確実に非生産的だそうだ。

8. 時間の記録をつけよう。(特別な週ではなく)普通の1週間に、どういう風に時間を使ったか、経過を記録すること。単なる勤務時間シートではなくて、詳細に書くことが大切だ。勤務日にしたすべてのことを書くわけだから、クライアント宛ての電子メールを書いたことや、ネットサーフィンをしたことも記録する。丸々1週間これをやると、あなたの手元には、あなたの時間がどのように過ぎているのかが表れた図が残っている。

9. カエルを食べよう。マーク・トエインは言った。「朝起きて最初に、生きたカエルを食べておけば、それ以上悪いことはその日は起こらないさ」出勤したら、朝に一番やりたくないことにこそ果敢に取り組もう。それが済んでしまえば、とても楽しい気持ちで他の仕事に移ることができる。

10. 関連した仕事は、まとめてしまおう。複数のプロジェクトを同時進行させているなら、類似した仕事は、一連の作業としてやってしまおう。プロジェクトからプロジェクトへと飛び移ったりしないで。1種類の仕事に集中することで、時間とエネルギーを節約できる。

11. フロー状態を作り出そう。建築家として(或いはデザイナーとして)私達が遂行する高価値の仕事には、非常に多くの時間を要する。私達は、一つの問題についてさえ、完璧に理解できるまで真剣に没頭する必要がある。フロー状態は、最高にクリエイティブな仕事のやり方だ。
 (訳注:フロー状態とは、そのときしていることに完全に没入し集中している精神的な状態をいう。)

《情報を管理する》

12. ミーティングは最小限に抑えよう。スケジュールに入れる前に、自問してみよう。「このミーティングは何のためにやるんだ?本当に必要か?開催する目的は?」ミーティングが多くても仕事を減らすことには繋がらない。議題一覧を作って、ミーティングの目的と、その望ましい成果を明確にしよう。出席者は最小限に留め、終了時間も決めよう。プロジェクトチームとして定期的にミーティングをする必要があるなら、立ったまま行おう。

13. 受信メールが自動的に適当なフォルダに入るよう、メッセージフィルターを設定しよう。私はサンダーバードを使っている。そして、“unsubscribe(非表示)”という単語で振り分けられるようフィルターを設定している。この語を含む受信メールは、ニュースレターやメーリングリストの類であることが多いからだ。クライアントや同僚からの緊急連絡ではない。サンダーバードは、こうしたメールを“Read Later(後閲)”フォルダに移動してくれる。このお蔭で、私の受信ボックスはかなり扱いやすくなった。多くのプロジェクトに関わっているならば、メールアドレスを使ってフィルターを設定すると良い。

14. 電子メールをチェックしてはいけない。処理しなさい。

15. コンピューターと携帯電話の電子メール通知機能をオフにしなさい。気を散らすための仕掛けのようなものだ。まるでもっと知る必要があるかのように仕掛けてくる。

《自分のツールを知る》

16. あなたのツールボックスには何が入っているだろう?毎日のように使用しているツール(物理的な物とデジタルな物)を一覧にしてみよう。ツール一覧の例をチェックして、あなたの仕事に必要なそれぞれのツールと比べてみよう。その仕事にベストなツールを使っているだろうか?巨大なツールボックスに埃をかぶったツールを沢山入れているより、実際に使い方を知っているツールがいくつかある方がずっと良い。

17. あなたが正式なソフトウェア研修を最後に受けたのはいつだろうか?もし私と同じなら、ソフトウェアを選んで学習したのは、かなり前のはずだ。私達が古いやり方のまま進歩せずに止まってしまっていることこそが問題だ。とりわけ、日常的に使えるプログラムを使えないでいるとしたら、だ。だから私は、建築家のためのエクセルシリーズを学ぶことにした。自分がエクセルの進んだ使用方法を知らないことを認め、学ぶことにしたのだ。

18. キーボードのショートカットを活用しよう。たいていのプログラムで、コマンドのショートカットをキーボードに割り当てている。いくつかクリックするだけになるから、一日を通じれば、多くの時間を節約することができる。

《反復作業を自動化する》

19. テンプレートを作ろう。あなたは同じような電子メールを頻繁に送るだろうか?テンプレートとしてコピーを保存しておこう。一つのプロジェクトで使用した書類を次のプロジェクトでも使用するだろうか?テンプレートとしてコピーを保存しておこう。同じことがCADでもBIMでも言える。あなたの使うスタンダードなシートや詳細を全て入れたBIMファイルのテンプレートを作ろう。凄い量の時間を節約できるし、書類を定形化することでエラーを減らすこともできる。全てを再利用しよう。

20. あなたが作業する内容に合わせてツールをカスタマイズしよう。今のソフトウェアは、ほとんどがフレキシブルだ。API (Application Programming Interface)を使えば、ソフトウェアをカスタマイズすることができる。少々きつい仕事だし、少々プログラミング技術が必要だが、あなたのソフトウェアの中身を検査して、より良く、より早くすることができる。

21. 反復作業を自動化するために、マクロを使おう。コンピューターができるというのに、なぜ単調で辛い仕事をあなたがする必要があるのだろう?もちろんプログラミングは必要だが、少しばかりの投資であなたの技能を磨けば、その後はずっと、膨大な時間を節減できるのだから。その作業をする回数が多ければ多いほど、節約できる時間も膨らむ。私の無料Revitマクロをこことここでチェックすることができる。

《最後にひとつだけ》

楽しむことを忘れないでほしい。私達をこの職業に就かせたのは、デザインすることと建築することへの愛だ。ある調査によると、仕事において遊びの感覚を持ち続けることが、能力を最大限に引き出すには不可欠だという。私達の仕事は全てが楽しいわけじゃない。でも、創造的で広い心で仕事に取組み、無駄にハードに働かないで賢く働けば、もっと良い結果と満足感を得ることができるんだ。

ArchSmarter社は、コネチカット州ミドルタウン在住の建築家マイケル・キルケリーによって2014年に創設された。生産性、ソフトウェアのカスタマイズ、製品レビューに関する膨大な情報を提供することで、建築家とデザイナーの業務改善に貢献している。

訳注:
これは下記のサイトを翻訳したものです。文中の下線部をサイト内でクリックすると詳細な内容にリンクしています。

http://www.archdaily.com/608518/21-ways-architects-can-work-smarter-not-harder/

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


ゲストハウスのすすめ

設計事務所をやっていると毎年なかなか不思議な事が起こる。例えば3年前はインドからの仕事で、2年前は南アフリカからの仕事だ。仕事を通して様々な国に行けるのはこの職業のいいところの一つだなと思う。去年は特段変わったところには行かなかったけど、思いつきで事務所のゲストルーム作った。ゲストルームを作ったらこれが思った以上に海外からゲストが来てむしろこちらから行くよりも交流が増えた。ゲストと朝ごはんを食べたり仕事終わりにラーメンを食べたりしながら話ができる。本当に最近だが同時にちょっと面白い可能性も見えてきた。海外の設計事務所とのコラボレーションだ。今週シンガポールからきているout of stockのガブリエルくんは今家族で泊まっているけど日々話をしているなかでシンガポールの住宅を一緒にやることになった。でたまたま来日しているクライアントと急遽来週の月曜日に会うことになった。仕事の進め方として彼のスタッフを日本に送り込んでゲストハウスに滞在させようということになった。スイスのアトリエオイさんともオフィシャルに提携することになったのだけど、双方のスタジオにゲストルームがあることで人的交流の話は飛行機のチケット代だけの問題だ。
ゲストハウスは夏の間インターン生の宿になるが、夏からバルセロナからアーキテクトのカップルがのべ3ヶ月ほど滞在して、その間一緒に3つの仕事をした。今後も仕事をExchangeさせていくことになっている。僕は中国とコンペの仕事、彼らはアンドーラのアーキテクトとして僕らと協働ができると話をしている。
このように去年の驚きは設計事務所にとってのゲストハウスを持つことの可能性を感じたことだ。ゲストハウス作った当初は事務所経営が厳しいときAIRBNBで稼いじゃおうくらいに思っていたけど今は微塵もそんなことを思わなくなった。決して安い投資ではないが-設計事務所を思わぬ形でジャンプさせるちょっとした裏投資だと思う。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top



展覧会のご案内

現在、六本木のAXIS 4階の JIDA Design Museum にて、「DESIGN WORKSHOP SWITZERLAND – JAPAN」 の展覧会を開催しております。
本展覧会では、今年行われたスイスと日本の交換ワークショップの成果物が出展されています。

会場の設営は、当事務所が担当いたしました。宜しければ、ぜひ本展覧会をご覧ください。

会場 : 港区六本木5-17-1 AXIS 4階
会期 : 2015 10.24 sat. – 11.3 tue.
時間 : 11.00 – 19.00 (最終日は17時まで)
URL : http://www.jida.or.jp/site/information/sia

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


伝えていくこと

素晴らしき話し手にあうと、少しだけ人生が豊かになったと思う。往々にして彼らは素朴な言葉を使い丁寧に話す。ゆったりとしたリズムで淡々と語る。なんの変哲もないシンプルなストーリーが不思議な力を帯びていると感じる。そうした言葉を聞いたときに、しばらくはシミジミとその言葉の意味を考え、じわーっとそういうことかと納得したようなしないような、小さく持続するような感動を覚える。そして実際に理解しはじめるのは数日後だったりする。そんな経験は年に何度もあることではないが、先月は立て続けに2人の素晴らしき話し手にあった。今日は2人のうちの1人-Luca Nichetto イタリア人のプロダクトデザイナーからの話を書く。彼と3日間北京デザイナーウィークで共に行動して彼の話をじっくりと聞くことができた。彼は成功したデザイナーであるが、世界中にクライアントをもちあちこち飛び回るアグレッシブなデザイナーでもある。そしてイタリア人らしく社交家だ。まる2日間朝食や車の中で、仕事のこと、デザインのこと、家族など様々話はしたが、彼が語った戦後すぐのイタリアのこと、そして最初の仕事についての話は興味深かった。彼はベネチア出身のデザイナーである。自然の成り行きとしてベネチアングラスが最初の仕事であったという。そして今も友人関係、親戚もガラスの仕事についているとか。彼はガラスのデザインからスタートさせて、照明、そして家具へと仕事の幅を拡げたそうだ。ガラスの仕事を始めたときに最も重要な教訓はデザイナーとしていかに作り手とコミニケーションをとるかを学んだことだという。ガラスメーカーは親心としてデザイナーにとって最も重要なレシピとして郷土の若きデザイナーにつたえたのか、家族のような関係の中からルカが自ら学んだのかは定かではない。あるいは両方なのかなとも思う。
いずれにせよ彼曰くその教訓が今までの彼を支えていると。私からみても明らかに協働することになった中国のメーカーとのコミニケーションにも繋がっている。中国、北京の家具メーカー「造作」というメーカーである。彼が「造作」のオフィスに来て出来が悪かったプロトタイプを見ながらひとつひとつ丁寧に説明していく。ただ間違いを指摘するのではなく、なぜそうするべきかをゆっくりと。そしてこう聞く「どうしたら上手くつくれると思うか?」昔建築家のピータースタッチベリーさんが職人にやや甘いデティールに対して「なぜこうなったのか?why?」と聞けと言われたことを思い出した。直せとか、直してほしいではなく。また彼はメーカーの社長とエンジニアにこうもいう。「多くのヨーロッパの家具メーカーが中国で生産している。MUTTOやHAYといった北欧のメーカーも。彼らが高いクオリティーをつくれて、同じ条件の「造作」に出来ていないのは、プロセスに問題がある。」確信をつくコメントである。デザイナーと製造者は併走していく必要がある。コミニケーションを通して常に正しい方向にメーカーを導くこと、それも実はデザイナーの仕事なのだということが彼の言動から見えてくる。Lucaは今回の滞在により正式に「造作」の外部ディレクターへと就任することになった。彼の言葉と経験が「造作」の、そして中国におけるこれからのモダンデザインを加速させること思う。同時に私自身も彼の確信に満ちた言葉に大いに考えさせられ自分なりに咀嚼しはじめている。
対話の素晴らしさは同じ言葉であってもより深く届くことだと思う。その深く届いた言葉を誰かに伝えるべきだと思いここのテキストとして残す。同時に最近頻繁に対話の機会をいただくのだがそうした場面でしっかりと伝えていければと思っている。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


スタッフ募集

スタッフ募集します。

現在の仕事は、住宅、別荘の建築設計、インテリアはギャラリーやレストラン、カフェ、また家具や照明デザイン、また石巻工房のディレクター業務、石巻工房のショールームギャラリー運営にいたるまで多岐にわたります。基本的に建築のスキル、理解があればインテリア、家具などに関しては仕事をしながら覚えてもらうことになります。

クライアントも国内外、国籍も多岐にわたるため英語は少なからず理解することが求められます。

仕事は幅広いのですが、あらゆるプロジェクトにおいて、good designを目指しています。
打ち合わせや急な仕事がない限り週休2日。

給料は能力に応じて、17-36万円。
連絡は下記へよろしくお願いします。

メールはこちらへ
info@keijidesign.com

ポートフォリオ-PDFにてメールでお送りください。
資料を拝見させていただき、こちらからご連絡いたします。

芦沢啓治

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


Job offer

We are looking for Architect who speak Chinese and English or Chinese and 日本語.
Just mail us your CV and portfolio.
info@keijidesign.com

Thanks.

Keiji Ashizawa

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


News

House S” are featured as “Architecture of the day” of architizer

Architizer というwebのメディアで、 “Architecture of the day” をいただきました

New Projects in our website
いくつかの新しいプロジェクトです。

Furniture

IE shelf
KOBO BENCH
KOBO SOFA
Ishinomaki Bench
Ishinomaki Stool
Ishinomaki High Stool

Arhictecture
WINE APARTMENT
SPACE9 APARTMENT

Interior
Ao Studio :renovation
701 :renovation

Lingting
Glass Parabola
ELLIPSE

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


インドで会った二人のビッキー。

20年ぶりにインドにいくことになった。そんなわけで20年前のことを今週はよく思いだしていた。当時からインド旅行は人生が変わる、人生観が変わるといわれていたけれど、僕にとってはそんな大げさなことはなかったと思う。ただあまりにハプニングだらけの旅行に、どこにでも旅行できるような気になったこと、実際どこにいってもインド以上のことはなかったから、それは大いに役にたった。今考えてみても不思議なことがたくさんあった。一か月インドにいたのだけど、そのうち10日はインドで知り合ったインド人の家に泊めてもらった。なぜか不思議な友情が芽生えて洋服を交換したり、毎日観光につきあってもらったりした。そんなことは今後一切起こらないだろう。だれもおっさんは泊めてはくれない。帰りのチケットが使えなくなって、お金もなくなって旅行者の日本人に借りた。今思えば僕が返す保障はない。日本人を強く意識した瞬間でもあった。さまざまな遺跡や観光地をまわった。たしかにそれらはとても興味深いものだったけれど今でも思いだすのは、2人のインド人、僕をとめてくれたインド人だ。

不思議なことに二人ともビッキーというあだ名でよばれていた。単なる偶然だ。
一人目のビッキーは、おそらくちょっとしたお金持ち(その町では)だったと思う。出会いは忘れたが彼の家には2泊したはずだ。彼は敬虔なヒンズー教徒だったけれど、ディナーではお酒を飲んだ。お酒を買う時にまるでパチンコ屋の換金所のようなところでこっそりとお酒を買っていた。そこには小さな行列ができていた。そのお酒は日本に持って帰ってきたけど薬臭くて飲めなかった。。インドではおいしかったのに。。ビッキーとはお互いの家族の話や国の話をした。いやほとんどは聞いていたはずだ。国を語れるほどの英語力はいまでも持ち合わせていない。お酒も手伝って会話をしていた気になっていたんだろう。で、いくつかのオモシロイ話のなかで、ビッキーのガールフレンドの話はまるでおとぎ話ようだった。彼女はイスラム教徒だった。だから二人の恋は禁断の恋だったわけだ。あるとき彼女の父がその事実に気付き娘を折檻する。そして睡眠薬をのみ自殺をはかる。その噂は小さな町、ブッタガヤーでまたたくまに広がった。その話をきいてビッキーは生れてはじめてウイスキーを買う。そして急性アルコール中毒となり病院に運ばれる。そして二人の禁断の恋は双方の親が折れることによって実ることとなる。それでも世間の目は厳しいと言っていた。町へ一緒に買い物にいき双方の服を作り合うなどして友情を深め再会を誓った。

二人目のビッキーは、ジャイプールという町で歩いている僕にバイクで近づいてきた。実はアグラという観光地で詐欺師に騙されそうになり逃げるように街をさったあとだったので少々警戒したが、不思議と彼は大丈夫だという気がした。その予想は正しくそれから1週間すっかりいっしょに遊んだ。その間彼の仕事は大丈夫だったんだろうか・・・・。とにかく彼のバイクでヒンズーの寺や、マーケットや、滝壺や、観光地をくまなく回った。毎朝彼がつくってくれるチャイがおいしかった。最後に彼と別れる時に、「僕らはあまりコミニケーションはとらなかったけれど心は通じ合っていた」といった。その彼のセリフとその情景はいまもありありと思い出すことができる。彼とも再会を誓った。

その後、二人のビッキーとは一度もあってない。一度ジャイプールのビッキーからは電話がかかってきた。手紙も書いた。手紙をもらった。とても感動的な手紙だったように思う。いまだったらfacebookでつながったりするんだろう。いずれにしても僕がおぼえているのは、二人の名前、あだ名と町だけだ。住所や電話番号もすべてわからない。だから会うことは不可能に近い。インドの思い出は、詐欺師やカメラを盗まれたこと、おなかをくだしこともあるけれど、二人の友人のおかげで美しいものになっている。ちょっと感傷的に思われるかもしれないが、二度と会えない友人が思い出を美化しているのは間違いない。

そんな僕にとっては美しいインドにまたいけることになった。
またおなかは確実にくだすだろう。20年前は5キロやせたから今回もちょっと期待してしまおう。荒療治ではあるけれど。

この記事にコメントするcomments (2) | Posted by adminTo Top