blog

スタッフ募集

スタッフ募集しております。

現在の仕事は、ホテル、住宅、別荘の建築設計、飲食ー物販のインテリア。小さなものですと、国内外における家具、照明メーカーとのデザイン、国内メーカーとのプロダクトデザインも行っています。家具、プロダクトは専門スタッフが担当しておりますが、興味があれば学べる環境ではあります。また設計経験のないスタッフであれば、まずは手を動かして材料とものづくりを学ぶことから始めます。

http://www.keijidesign.com

建築のクライアントは国内外、国籍も多岐にわたるため英語は少なからず理解することが求められますが、必ずしも必要というわけではありません。しかしながら長い目で見て語学のスキルは将来的には必要となるとおもいますので、そういった意味では弊社での経験は役に立つとおもいます。

仕事は幅広いのですが、あらゆるプロジェクトにおいて、建築を軸足にgood designを目指しています。それをともに目指するスタッフと、高いクオリティーで仕事をしていきたいと考えています。

仕事環境としては既存の設計事務所にあった過酷な労働環境はできるだけ払拭していきたいと考えております。様々な海外の設計事務所とのコラボレーションを経て、やや日本独自の体育会系な状況に(ようやくですが)疑問とともに効率の悪さも感じています。打ち合わせや急な仕事、打ち合わせがない限り週休2日です。できるだけweekdayで集中して仕事を終わらせるようにしています。また休暇や勉強のための休みに関しても仕事に支障が出ないようにスケジュールを組むことができれば柔軟に対応しています。

給料は能力に応じて幅広く考えております。会社が健全に経営できるかぎり、ともに働いてもらっているパートナーとしてボーナスで還元しております。連絡は下記ー

メールはこちらへ
info@keijidesign.com
MAIL

また、まだ会社化してから10年少しではありますが、徐々に弊社から卒業したスタッフも活躍を始めています。我々のところで一緒に働くことで、空間とマテリアルについては知らず知らずに学べる環境ではあるようです。彼らの仕事を見るとアーキテクトとしてのスキルがあること、そして材料やデザインへの知識と愛、そして快適で自由度のある空間を目指していることがわかります。同時に独立後も状況が許せば仕事をすることもあります。

http://pico-gram.com

http://nf-a.com/

我々のスタジオの特徴としては様々なコラボレーター、特に金属加工、木加工のスペシャリスト、照明制作会社とのコミケーションは常時行いながらデザインに反映させていくところです。それは家具や照明をデザインしていくなかで培ってきた我々独自のネットワークです。いかなるデザインおいてもデティールについて理解した上で空間を構想することは重要であると考えています。また昨今ランドスケープと建築の関係をしっかり考えさせるようなプロジェクトも出てきており、まだまだ学びの途中でありますが、ともに学びのよろこびを分かち合いながら仕事をしていければと思っています。

ポートフォリオ-PDFにてメールでお送りください。
資料を拝見させていただき、こちらからご連絡いたします。

芦沢啓治

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


Boisbuchet design workshop

From 10th July,
I will have an workshop at Boisbuchet design workshop.
We could enjoy learning the landscape and how we handle by making things -inspired from Ishinomaki laboratory.

http://ishinomaki-lab.org/en/index.html

Still a few seats for the workshop and hope you can join my workshop or amazing workshops that they held.

http://www.boisbuchet.org/product/landscape-furniture/#nav-mobile

日本のみまさま。同じ時期に安積朋子さんによるガラスのワークショップも行われます。こちらも大変興味深く、僕はどちらかというとそちらに参画したいくらいですが。。いい機会ですので学生のみなさま、または社会人のみなさまでもこうした国際ワークショップに参画してみたらいかがでしょうか。私もいくつかワークショップに参加してきましたが、旅行では得られない経験をもらえます。


この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


『建築家が、もっと賢くしかも楽に働くための21の方法』

伊藤道子さんの翻訳により、アーキテクトがより賢く時間を使うためのヒントが日本語で読むことができます。どうぞシェアをしてご活用くださいませ。
伊藤さん改めてありがとうございました。

『建築家が、もっと賢くしかも楽に働くための21の方法』

 建築家は、日々、多くの障害物と困難に悩まされながら業務をこなしている。
例えばマネージングクライアンツ、共同設計者、請負業者らとのやり取り、最新のソフトウェアと技術に対応するための絶え間ないアップデート作業、プランニングの設計図を描き、書類を作成し、その合間に何かのデザイン業務が加わることすらある。ArchSmarter社が最初に公開したこの投稿は、建築家の生産性を最大限にして、不必要な仕事を最小限にする21のヒントを提供している。

プロジェクトのスケジュールは短くなる一方だ。建築物は複雑さを増している。私たちはすでにかなりのハードワークをこなしているのに、一日は24時間しかない。建築家にとって、もっと賢く、もっと楽に働くことは必須だ。効果と効率を最大限にするにはどうすればいいだろう?増加する一方の情報をうまく扱うには?より良く、そしてより早くデザインするには?

これらはそのための21の方法だ。

《作業を計画する》

1. “効果的”と“効率的”の違いを理解しよう。効果的というのは、正しいことをすることだ。効率的というのは正しい方法ですることだ。双方が重要だが、正しい方法でする前に、正しいことをしなければならない。そして、この二つを結びつけることで、もっと賢く楽に働けるようになる。

2. 80:20の原理を忘れないこと。あなたの全労力のうち、わずか20%の労力から80%の結果が生まれている。労力にではなく、結果に焦点を当てなさい。長時間働いたからといって、それと見合うだけの素晴らしい結果がいつも出るとは限らない。

3. あなたの作業プロセスの骨格を作りなさい。確かに、全てのプロジェクトは全く異なる。しかし、各プロジェクトにおける作業内容と節目自体はかなり似ている。プロセスの骨格を決めることで、省けるステップを見付けやすくなるし、プロセス自体をもっと効率的なものにしやすくなる。マインドマップを使うと良い。素晴らしいツールだ。

4. チェックリストを使おう。プロジェクト管理用ソフトウェアの多くは、チェックリストとto-do-listを作れるようになっている。一度プロセスの骨格を作ってしまえば、プロジェクトの各段階におけるチェックリストが作れる。決まって提出する書類や物はなに? 決まって出くわすことになる問題はなに?しょっちゅう見落とすものはなに?Atul Gawande氏の著書「The Checklist Manifesto, for practical advice on creating and managing checklists」が参考になる。

《時間に焦点を当てる》

5. 時間とは、作り出すことも保管することもできない唯一の資源だ。私達の最も貴重な生活必需品だ。あなたの時間をしっかり守り、効果的につかうこと。これ以上大切なことはない。

6. まず初めに、大きな岩を時間という瓶に詰めよう。

7. これまでより短い時間で働くことにチャレンジしよう。そうすると、一番大切な仕事に集中せざるをえなくなる。ある調査によれば、週40時間を超える仕事は確実に非生産的だそうだ。

8. 時間の記録をつけよう。(特別な週ではなく)普通の1週間に、どういう風に時間を使ったか、経過を記録すること。単なる勤務時間シートではなくて、詳細に書くことが大切だ。勤務日にしたすべてのことを書くわけだから、クライアント宛ての電子メールを書いたことや、ネットサーフィンをしたことも記録する。丸々1週間これをやると、あなたの手元には、あなたの時間がどのように過ぎているのかが表れた図が残っている。

9. カエルを食べよう。マーク・トエインは言った。「朝起きて最初に、生きたカエルを食べておけば、それ以上悪いことはその日は起こらないさ」出勤したら、朝に一番やりたくないことにこそ果敢に取り組もう。それが済んでしまえば、とても楽しい気持ちで他の仕事に移ることができる。

10. 関連した仕事は、まとめてしまおう。複数のプロジェクトを同時進行させているなら、類似した仕事は、一連の作業としてやってしまおう。プロジェクトからプロジェクトへと飛び移ったりしないで。1種類の仕事に集中することで、時間とエネルギーを節約できる。

11. フロー状態を作り出そう。建築家として(或いはデザイナーとして)私達が遂行する高価値の仕事には、非常に多くの時間を要する。私達は、一つの問題についてさえ、完璧に理解できるまで真剣に没頭する必要がある。フロー状態は、最高にクリエイティブな仕事のやり方だ。
 (訳注:フロー状態とは、そのときしていることに完全に没入し集中している精神的な状態をいう。)

《情報を管理する》

12. ミーティングは最小限に抑えよう。スケジュールに入れる前に、自問してみよう。「このミーティングは何のためにやるんだ?本当に必要か?開催する目的は?」ミーティングが多くても仕事を減らすことには繋がらない。議題一覧を作って、ミーティングの目的と、その望ましい成果を明確にしよう。出席者は最小限に留め、終了時間も決めよう。プロジェクトチームとして定期的にミーティングをする必要があるなら、立ったまま行おう。

13. 受信メールが自動的に適当なフォルダに入るよう、メッセージフィルターを設定しよう。私はサンダーバードを使っている。そして、“unsubscribe(非表示)”という単語で振り分けられるようフィルターを設定している。この語を含む受信メールは、ニュースレターやメーリングリストの類であることが多いからだ。クライアントや同僚からの緊急連絡ではない。サンダーバードは、こうしたメールを“Read Later(後閲)”フォルダに移動してくれる。このお蔭で、私の受信ボックスはかなり扱いやすくなった。多くのプロジェクトに関わっているならば、メールアドレスを使ってフィルターを設定すると良い。

14. 電子メールをチェックしてはいけない。処理しなさい。

15. コンピューターと携帯電話の電子メール通知機能をオフにしなさい。気を散らすための仕掛けのようなものだ。まるでもっと知る必要があるかのように仕掛けてくる。

《自分のツールを知る》

16. あなたのツールボックスには何が入っているだろう?毎日のように使用しているツール(物理的な物とデジタルな物)を一覧にしてみよう。ツール一覧の例をチェックして、あなたの仕事に必要なそれぞれのツールと比べてみよう。その仕事にベストなツールを使っているだろうか?巨大なツールボックスに埃をかぶったツールを沢山入れているより、実際に使い方を知っているツールがいくつかある方がずっと良い。

17. あなたが正式なソフトウェア研修を最後に受けたのはいつだろうか?もし私と同じなら、ソフトウェアを選んで学習したのは、かなり前のはずだ。私達が古いやり方のまま進歩せずに止まってしまっていることこそが問題だ。とりわけ、日常的に使えるプログラムを使えないでいるとしたら、だ。だから私は、建築家のためのエクセルシリーズを学ぶことにした。自分がエクセルの進んだ使用方法を知らないことを認め、学ぶことにしたのだ。

18. キーボードのショートカットを活用しよう。たいていのプログラムで、コマンドのショートカットをキーボードに割り当てている。いくつかクリックするだけになるから、一日を通じれば、多くの時間を節約することができる。

《反復作業を自動化する》

19. テンプレートを作ろう。あなたは同じような電子メールを頻繁に送るだろうか?テンプレートとしてコピーを保存しておこう。一つのプロジェクトで使用した書類を次のプロジェクトでも使用するだろうか?テンプレートとしてコピーを保存しておこう。同じことがCADでもBIMでも言える。あなたの使うスタンダードなシートや詳細を全て入れたBIMファイルのテンプレートを作ろう。凄い量の時間を節約できるし、書類を定形化することでエラーを減らすこともできる。全てを再利用しよう。

20. あなたが作業する内容に合わせてツールをカスタマイズしよう。今のソフトウェアは、ほとんどがフレキシブルだ。API (Application Programming Interface)を使えば、ソフトウェアをカスタマイズすることができる。少々きつい仕事だし、少々プログラミング技術が必要だが、あなたのソフトウェアの中身を検査して、より良く、より早くすることができる。

21. 反復作業を自動化するために、マクロを使おう。コンピューターができるというのに、なぜ単調で辛い仕事をあなたがする必要があるのだろう?もちろんプログラミングは必要だが、少しばかりの投資であなたの技能を磨けば、その後はずっと、膨大な時間を節減できるのだから。その作業をする回数が多ければ多いほど、節約できる時間も膨らむ。私の無料Revitマクロをこことここでチェックすることができる。

《最後にひとつだけ》

楽しむことを忘れないでほしい。私達をこの職業に就かせたのは、デザインすることと建築することへの愛だ。ある調査によると、仕事において遊びの感覚を持ち続けることが、能力を最大限に引き出すには不可欠だという。私達の仕事は全てが楽しいわけじゃない。でも、創造的で広い心で仕事に取組み、無駄にハードに働かないで賢く働けば、もっと良い結果と満足感を得ることができるんだ。

ArchSmarter社は、コネチカット州ミドルタウン在住の建築家マイケル・キルケリーによって2014年に創設された。生産性、ソフトウェアのカスタマイズ、製品レビューに関する膨大な情報を提供することで、建築家とデザイナーの業務改善に貢献している。

訳注:
これは下記のサイトを翻訳したものです。文中の下線部をサイト内でクリックすると詳細な内容にリンクしています。

http://www.archdaily.com/608518/21-ways-architects-can-work-smarter-not-harder/

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


おめでとう Peter Stuchburyさん

Peter Stuchburyさんが、オーストラリアで最も権威のある賞、
2015 Gold Medalを獲得したとのニュースが飛び込んできました。

間違いなく彼はこの賞にあたいするでしょう。
私にとっては彼と過ごせた時間やいっしょのプロジェクトをすることで
どれだけ勉強や励みなったことかと思います。

間違いなく彼との仕事がなければ今の私はまったく違う形で建築をやっている
あるいはやっていなかったのではないかとすら思います。
人生におけるメンターというものは、おそらくこういうことなんだろうと
今となってはそう思います。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


steps

House in Tokyo,There are 3story,1basement and Rooftop.
There are 4 steps in this house.
Steps are really important in these situation house.

Obuviaulsy Client use them everyday and it’s nice to show them for space saving as well.
We spend time to design them like furniture or product design project.

House in Tokyo,
There are 3story,1basement and Rooftop.
Then we need 4 steps in this house.

Steps are really important in these situation house.

Obviously Client use them everyday and it’s nice to show them for space saving as well.We spend time to design them like furniture or product design project.

新築工事。
3階建+地下室と屋上。
4つの階段が必要になります。

都心の家において、空間を有効に扱わざるえないことは当然であって、
かつ優雅に移動してもらうべく階段は手間暇かけて設計します。
それこそなんどもプロトタイプをつくる必要のある家具やプロダクトのように
時間をかけてなんども検討を繰り返します。

結果空間に与える影響は大変大きなものです。
決して好みの階段があるわけではありませんが、
そのつど空間をあわせて微調整を繰り返し、構造家とのすり合わせをへて
ユニークな階段ができあがります。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


OFFICE

Our office is in ground level and open to the road.
In spring and autumn,we just open the door and enjoy hearing the noise and chatting of students.
Someone often see our activities and models through the windows and they misunderstand the book store instead of design office.

We renovated this space from umbrella shop that owner organized sevral years ago.

We spend more money to replace windows and doors.

Photo is our entrance door.

20140204-132246.jpg

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top



Design small things

We could learn a lot from his detail.http://www.geoffreybawa.com/
My friend took photo handle and lighting in bedside.

You can see the similarity.Such details make beautiful rhythm in space.
I remember this is one of the important idea that I leaned from Peter Stutchbury.

We should try thinking any detail and making by ourselves.
Otherwise,it’s difficult to make beautiful rhythm,one of the most important thing in architecture.

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


上棟式/Cerebration

Cerebration for Finishing Structure.
It’s topical ceremony that client invite carpenters and us.
最近大工さんはお酒を飲まないので(車で来ているから)割とおとなしい会となることが多いです。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


Job offer

We are looking for Architect who speak Chinese and English or Chinese and 日本語.
Just mail us your CV and portfolio.
info@keijidesign.com

Thanks.

Keiji Ashizawa

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top