blog

スタッフ募集

スタッフ募集しております。

現在の仕事は、ホテル、住宅、別荘の建築設計、飲食ー物販のインテリア。小さなものですと、国内外における家具、照明メーカーとのデザイン、国内メーカーとのプロダクトデザインも行っています。家具、プロダクトは専門スタッフが担当しておりますが、興味があれば学べる環境ではあります。また設計経験のないスタッフであれば、まずは手を動かして材料とものづくりを学ぶことから始めます。

http://www.keijidesign.com

建築のクライアントは国内外、国籍も多岐にわたるため英語は少なからず理解することが求められますが、必ずしも必要というわけではありません。しかしながら長い目で見て語学のスキルは将来的には必要となるとおもいますので、そういった意味では弊社での経験は役に立つとおもいます。

仕事は幅広いのですが、あらゆるプロジェクトにおいて、建築を軸足にgood designを目指しています。それをともに目指するスタッフと、高いクオリティーで仕事をしていきたいと考えています。

仕事環境としては既存の設計事務所にあった過酷な労働環境はできるだけ払拭していきたいと考えております。様々な海外の設計事務所とのコラボレーションを経て、やや日本独自の体育会系な状況に(ようやくですが)疑問とともに効率の悪さも感じています。打ち合わせや急な仕事、打ち合わせがない限り週休2日です。できるだけweekdayで集中して仕事を終わらせるようにしています。また休暇や勉強のための休みに関しても仕事に支障が出ないようにスケジュールを組むことができれば柔軟に対応しています。

給料は能力に応じて幅広く考えております。会社が健全に経営できるかぎり、ともに働いてもらっているパートナーとしてボーナスで還元しております。連絡は下記ー

メールはこちらへ
info@keijidesign.com
MAIL

また、まだ会社化してから10年少しではありますが、徐々に弊社から卒業したスタッフも活躍を始めています。我々のところで一緒に働くことで、空間とマテリアルについては知らず知らずに学べる環境ではあるようです。彼らの仕事を見るとアーキテクトとしてのスキルがあること、そして材料やデザインへの知識と愛、そして快適で自由度のある空間を目指していることがわかります。同時に独立後も状況が許せば仕事をすることもあります。

http://pico-gram.com

http://nf-a.com/

我々のスタジオの特徴としては様々なコラボレーター、特に金属加工、木加工のスペシャリスト、照明制作会社とのコミケーションは常時行いながらデザインに反映させていくところです。それは家具や照明をデザインしていくなかで培ってきた我々独自のネットワークです。いかなるデザインおいてもデティールについて理解した上で空間を構想することは重要であると考えています。また昨今ランドスケープと建築の関係をしっかり考えさせるようなプロジェクトも出てきており、まだまだ学びの途中でありますが、ともに学びのよろこびを分かち合いながら仕事をしていければと思っています。

ポートフォリオ-PDFにてメールでお送りください。
資料を拝見させていただき、こちらからご連絡いたします。

芦沢啓治

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


Happy new year

Happy new year!
I wish you a year filled with peace,good health and happiness.

あけましておめでとうございます。
皆様にとってすばらしい年でありますように。

I would like show some of the latest news and picture.

今年は、もう少しニュースなどを迅速にお伝えできればと思っています。。

1:happy to annouce our office become the cover of INTRAMUROS DESIGN MAGAZINE.

最初のニュースですが。。
INTRAMUROS DESIGN MAGAZINEというフランスの雑誌の表紙にしていただきました。新しいデザインやニュースを独自の視点で紹介していくインディペンデントなデザイン誌で、chantal hamaideさんという編集長が各号の表紙に若いデザイナーやアーキテクトを選ぶということで知られています。彼女の目にかなえば有名であろうがなかろうが関係ないというような視点で選ぶようです。いままでに25年間の間150人ほどのデザイナーが選ばれてきたわけですが、そう思うとちょっとびっくりするくらい光栄なことだなと思いました。日本人は僕で4人目だという話でした。偶然かつ運がよかったことはあるにせよ、今後ヨーロッパでの仕事をしていくなかでは自信をもって仕事をしていけそうな気もします。気がするだけでもうれしいものです。きっかけはHublot design prizeのイベントに彼女がジャーナリストとして招待されており、たまたま弊社でそのイベントの展示設計をしていたからです。chantalさんがびっくりするくらいにその展示空間をほめてくれたので、お礼にメールを書きました。するとその返信が表紙としてあなたの仕事を紹介したいというものでした。こんなこともあるのだなーと実際腰を抜かすほど驚きました。今年はここで運を使いきらないようにしっかり仕事をしていきたいと思います。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top



展覧会のご案内

現在、六本木のAXIS 4階の JIDA Design Museum にて、「DESIGN WORKSHOP SWITZERLAND – JAPAN」 の展覧会を開催しております。
本展覧会では、今年行われたスイスと日本の交換ワークショップの成果物が出展されています。

会場の設営は、当事務所が担当いたしました。宜しければ、ぜひ本展覧会をご覧ください。

会場 : 港区六本木5-17-1 AXIS 4階
会期 : 2015 10.24 sat. – 11.3 tue.
時間 : 11.00 – 19.00 (最終日は17時まで)
URL : http://www.jida.or.jp/site/information/sia

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


スタッフ募集

スタッフ募集します。

現在の仕事は、住宅、別荘の建築設計、インテリアはギャラリーやレストラン、カフェ、また家具や照明デザイン、また石巻工房のディレクター業務、石巻工房のショールームギャラリー運営にいたるまで多岐にわたります。基本的に建築のスキル、理解があればインテリア、家具などに関しては仕事をしながら覚えてもらうことになります。

クライアントも国内外、国籍も多岐にわたるため英語は少なからず理解することが求められます。

仕事は幅広いのですが、あらゆるプロジェクトにおいて、good designを目指しています。
打ち合わせや急な仕事がない限り週休2日。

給料は能力に応じて、17-36万円。
連絡は下記へよろしくお願いします。

メールはこちらへ
info@keijidesign.com

ポートフォリオ-PDFにてメールでお送りください。
資料を拝見させていただき、こちらからご連絡いたします。

芦沢啓治

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


おめでとう Peter Stuchburyさん

Peter Stuchburyさんが、オーストラリアで最も権威のある賞、
2015 Gold Medalを獲得したとのニュースが飛び込んできました。

間違いなく彼はこの賞にあたいするでしょう。
私にとっては彼と過ごせた時間やいっしょのプロジェクトをすることで
どれだけ勉強や励みなったことかと思います。

間違いなく彼との仕事がなければ今の私はまったく違う形で建築をやっている
あるいはやっていなかったのではないかとすら思います。
人生におけるメンターというものは、おそらくこういうことなんだろうと
今となってはそう思います。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


1001表紙

1001表紙になっています。
この改修工事が思いで深いのは仕事の密度もさることながら、震災のあとすぐに来た仕事だったからだと思います。
さまざまキャンセルや延期があるなかでしたので、少しありがたいなと思った記憶があります。もちろんあの時期ずいぶん暇でしたので、石巻工房
の活動ができたということでもありました。スタッフの一人は、石巻のレストラン用のレストランカーの改装工事を金物屋さんといっしょにやっていたり、私はちょくちょく石巻に出入りしてましたし。

この仕事の話でいうと、クライアントは楽しんでいたと思います。
ほとんどの提案を受け入れていただけたような気がしますし、要望もユニークなものでした。

手前みそですが、いまこの仕事をみてもきちんとできたなと思います。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top