blog

ニュース / 新年度にむけて。

いつまでもニュースを見続けるわけにはいかない。実のところ、ぐっと落ち込んでしまう状況下においてリカバーする方法は仕事しかない。仕事があること、このような状況下においても、仕事を頼んでいただける人たちがいることに本当に感謝である。僕の事務所はいま3人態勢でやっているが、平均すると月に1つから2つ仕事の依頼があり、そのうち1つが仕事になるかならないかという感じである。今月は、このような状況にもかかわらず依頼があったことは、本当に喜ばしいことだ。止まってしまった仕事も当然ある。止まりそうなものもある。だからこそ思った以上に時間ができるわけで、いまいただいた仕事にいつも以上に時間をかける。これは優秀な僕の廻りのひとたち、カメラマンやグラフィックデザイナーの皆さんから学んだことだ。いつだって手をぬけば、それがそのままかえってくる。天に唾をかけるようなものだ。妻はだったら早く家に帰って家の仕事をやれというだろう。それも一つ。朝はできるだけ保育園におくるからゆるしてもらうおう・・。

さて、今日のテーマはニュースである。新年度にむけてのご挨拶も含む。

3人の小さな事務所であるが、それなりに起伏にとんだ日常をおくらせていただいている。
それが僕らの仕事のおもしろいところだし、実際タフなところでもある。
時系列でもなく、思いつくままならべさせていただく。

1:弘前のナイフを世界に紹介する仕事。というのが突如舞い込んだ。
企画自体は、これ。wallpaper handmade
プロジェクトリーダーは、wallpaper* 世界中のユニークな道具におけるその箱、コンテナのデザインという企画。たぶん、いくつかあるうちの一つの企画なのだとおもうのだけれど、確かに面白い。僕にとっては当然、寝耳に水という感じではあった。正直僕がなぜ彼らのセレクションにはいったのかよくわからない。確かにwallpaperの編集者、2人ほど連絡をとりあっている人がいて、時々なんか面白いことない?的な情報交換をしている。そして、家具を二つのせてもらったことがある。だからといって、彼らにとってそのような日本のデザイナーはやまほどいるだろう。その家具と弘前のナイフの相性がよかったからということなのか。とにかく、そのプロジェクトははじまって、弘前にいき、職人や商工会議所の人たちと一杯のみ、なんだか長い付き合いになりそうな気がしている。木工の木村さんは(コンテナをつくってくれた)わざわざミラノまできてしまうという入れ込みよう。いずれ紙面でも発表になるとのことだけれど、この時期にミラノにいかれるという方、どうぞよろしくおねがいします。4/13-18日 Brioni House in Milan

(というわけでして、4/12-17日まではミラノに出張となります。)

2:住宅の竣工。追加の家具工事があるので、撮影は4月末。先行して雑誌の撮影がありましたが、ほんの一部。

3:美容院の竣工。3人をもてなすための小さな美容院。美容院におけるいくつかのタブーを犯して、こじんまりとして居心地のいい、スペースになるように心掛けつつ。

4:石巻プロジェクト開始。僕は去年、おととしと何度か石巻に足を運び、そして和食屋さんをつくった。毎年夏に川開きというお祭りや、近所の島に遊びにいったりもした。今回の津波でほとんど流れてしまったという。オーナーさんは、そこでお店を続けることを決めているという。まずは4/9-10と石巻に行き現地視察と、家の中の点検、そして一部修復。インフラ整備後、仮設店舗という計画。がんばれ石巻。

5:3月から始めさせていただくお仕事。マンションリノベーションの仕事2つ。そしてオフィス。ありがたい。本当に。

新年度もどうぞよろしくお願いします。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


News 0328

Tokyo is getting better than last week.

People are coming back from Osaka,nagoya and all over the world.
Still there will be Rolling blackouts in some area,then we have to take care of that and trains sometimes though.
Nuclear power plant still are not good situation,but is much better.
People say tokyo is safe enough.It means the area in Nuclear power plant is not.
I would like to pray for the people there and pray for the people who died for this earthquake.

I am not very sure it’s good timing or not,I will show recent my schedule as below.

  • I will exhibit at Wallpaper* handmade with Hirosaki’s products at this year’s Salone del Mobile.
  • SlYBOX is featured by Wallpapaer* in April
  • Pipeknot is featured by Designnet in March
  • Pipeknot is featured by WOHNREVUE in March
  • Thank you for reading.

    Best regards,
    Keiji

    この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


    震災後の10日間

    夢じゃないだろうかと何度思ったことだろう。去る3月11日未曾有の巨大地震に見舞われたあとの怒涛の悲劇、そしていまだに不確かな状況で世界中に衝撃を与えつづけている原発事故。この10日間、多くの人同様ニュースを見続け様々なことを考え続けてきた。それはこの状況下で自分に出来ることは何かということのみならず、友人の住む石巻のこと、原発で被爆された人たちのこと、その周辺地域のこと、今後の日本がどうなっていくのだろうかという拙い想像や、僕がこれからどのように仕事をしていくのか、家族を守っていけるのかという極めて個人的なことまで。そしていまもニュースを見続ける。時には涙を流しながら、子供と遊びながら、横断歩道を渡りながら。どうやら、夢じゃないのだと毎朝思う。
    子供たちは、地震が怖いといっている。テレビの映像とあの地震がつながっていることに
    ようやく気づきはじめている。すくなからず不安がっている。
    実はこんな状況下ではあったのだが、台湾に出張にいっていた。2泊3日が飛行機がキャンセルされて3泊になってしまったが、その間すこしでもこの状況が変わるかと思いきや、僕も含めて何も変わらなかった。台湾では日本よりもヒステリーに状況を伝え、とくに原発に関してはまるで隣町での原発事故のようであった。空港でマスクが配られ、テレビでは天気図と風の流れによる影響を討論している番組をやっている。僕はスマートフォン片手に日本でのニュースを追いかけ続けていた。
    海外にいる友人、知人からメールやらfacebookにてお悔やみのメールが届く。いつもあなたと一緒だという英語の表現を知った。これが英語におけるお悔やみ申し上げますというセリフらしい。僕はそのメールに僕も、家族も大丈夫だと返信をしてきた。それ以外ほとんど書くことがなかった。
    いつもよりも感傷的になった。ニュースや写真をみて恥ずかしい話だけれど泣かない日はないくらいだ。感動したり、悔しかったり、悲しかったり。
    いずれにしても10日間たった。そろそろこうした喪に服す期間も終わりにしようと思った。本当は遅いのだろうと思うけれど行動をするタイミングだろう。一つはいつもと変わらず行動し、経済活動をする。これがいかに重要かは様々なメディアにて話されているから余計な解説は必要ないだろう。そして寄付以外に何ができるのか。僕ができることはなんなのかを考えはじめよう。これは案外難しい。僕は石巻で出来ることを探ろうと思っている。最後にこの困難な状況に負けてたまるかと決意しよう。この先どんな困難がこようが、負けてたまるかと。実はいろんなところから勇気と希望をもらった10日間でもあったということにあらためて気づいた。

    この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top