blog

Tent House

この清々しい家は
アーキテクト-Peter Stuchbury氏の自邸である。そして建築だ。

かつて僕は住宅は住宅であって、建築ではないと思っていた。数年前彼の手掛けた住宅を1週間で相当数見る機会があった。僕の建築的体験においては非常に大きな事件であり、住宅は建築なのだと考えを変えるにいたったのだ。

彼の建築の素晴らしさは、一言で言えば隅々まで彼の考え方が行き渡っていることだ。
隠そうとはせずに彼の経験、そしてユーモアすらもしっかり表れている。

もう少し建築的に言えば 、彼の構造があり、彼のデティールがある。独特なユニークさがあるにも関わらずそれらの多くは合理的かつ機能的である。これは僕がしっている素晴らしいアーキテクト、デザイナーに共通した能力だ。

繰り返すがこのテントハウスは彼の自邸である。アーキテクトという生き方を示そうとしているように見える。彼の建築と彼の生き方が分裂していないこと、そここそが大事なのだと教えられているようだ。建築-住宅に必要なものとはなんなのか、環境とはなんなのか、快適さとは、豊かさとはなんなのかを問うている。デティールには彼の初期のころの建築がもっていた素朴だか愛らしく機能的なデザインがちりばめていると同時に、あっけらかんとした空間はシドニーの環境の良さを謳歌している。これぞ本当のシドニーの素晴らしさ、シドニーがもつ環境の活かし方だとこの建築は語っている。

建築家という職業に不安を持った時、つい流されそうになった時、僕は彼の仕事を眺めることにしている。その中でもこのテントハウスは僕だけではない世のアーキテクトへのメッセージだともいえる。僕はそのメッセージに背中を押されているような気分になって、今日も頑張ろうと思う。

IMG_8426.JPG

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


しつこさ

従兄弟はお決まりの夏休みの宿題である読書感想文を中学1年生から高校3年生までずっと「老人と海」について書いたそうだ。毎年推敲し、新たな考察を付け加え、高校2年生の時には結構な賞までもらったという。この話を聞いたときは、単純に学校とは杜撰なところだと思っただけだった。つまり生徒が去年と同じ感想文を出してもチェックのしようがないのかと。いわんや論文のコピペなぞ。。最近ふとこの話を思い出して実は別の大事な教訓が隠れてるぞと思った。それは従兄弟の尋常ではない”しつこさ”である。いくらぐうたらだからといっても、ふと1年ぐらいは別の本を読み書いてしまう可能性は高い。リスクも抱えながら6年間続けるとは見上げた根性である。さらに大事なことは毎年ブラッシュアップさせていたことだ。賞を出した先生方はよもや中学1年生のときの感想文ベースにあったとは思うまい。なんと深くまで考えられた感想文だろうと感心したに違いない。
最近僕は物作りに必要なこと、デザインをする人間に必要なことの一つは”しつこさ”なんじゃないかとぼんやり思っていた。この話はその思いを強くさせる。
「まだあの人は同じことをやってる。」
これこそが褒め言葉だ。
しつこく同じことを繰り返すなかで、徐々に熟成させること、ブラッシュアップさせていくこと、その過程で発見することをもっと大事にしていこうと思った次第である。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


「シンプルな美」

去る2014/9/11日から28日まで
London design fesitival において、
家具メーカーであり、家具の販売をおこなっているブランド SCP さんのキュレーションのもと大々的に石巻工房の展示を行った。

「シンプルな美」 simplified beauty のコンセプトに束ねられた家具、プロダクトを日本、US、そしてUKから集めた展示である。すばらしい家具やプロダクトの中にまるであメインの展示かのように石巻工房の家具が大きく展示されていたことは本当にありがたかった。

これも偶然-SCPとの出会いがあったからだと思うと、人の縁とは不思議なものだとつくづく思う。

SCPのオーナー、シェリダンとは去年パリの展示会で初めてあった。彼とスタッフのTimが頻繁にブースに来て、最後にオーダーをくれた。つい最近わかったことはその時彼らは石巻工房のストーリーを知らなかったことだ。そのあと石巻工房のwebsiteにて理解したと話している。まてよ、僕は説明したと思うから、僕の英語力では伝わらなかったということかもしれない。無念である。

そして今年の4月ミラノでは事前に約束してまた会った。その時、ロンドンで日本の家具やプロダクトを展示をしたいから協力してほしいと、そんな話だったと思う。実際まだ半信半疑だったが、うまく行けば最高だなくらいに思っていた。すると7月、シェリダンと陶器の作家であり今回のキュレーターの1人である、レイコさんがなんと日本に来るというではないか!そして当然石巻工房を案内することになった。

シェリダンは石巻工房が面白い理由をシンプルなことだと言った。僕も含めデザイナーはシンプルさを目指して作ってきたわけではないが、作り方はシンプルにせざる得なかったのだと答えた。シンプルな作り方は当然のこととしてシンプルなデザインとなったわけだ。

そして展示風景。

ここまで美しく石巻工房を展示出来たことがあっただろうか。またイーストロンドンの軽やかな街並みと石巻工房の相性の良さには発見があった。この街は、ここ10年で、アーティストやデザイナーが切り開き、活気ある街となったところだ。言うなれば石巻工房が石巻の市街地で試みたことに近い。いやこれからが正念場だが。。街の家具として作られた石巻工房のエッセンスはここショートリッジのエッセンスでもあった。街にはクリエイティブなDIYで溢れていた。

2つのデザインスタジオに行ったがそこには本格的な工房があった。まるで石巻工房のようだと思った。いや工房よりも設備が整っているかもしれない。

Michael Marriott さんのStudio

石巻工房にはロンドンをベースにしたデザイナーが4人いる。今回展示したことでさらに3人のデザイナーからオファーがあった。彼らにとってみればデザイン業務というよりも日常の延長なのかもしれない。だからこそ石巻工房に挑戦したいということなのかもしれない。

今回の展示の反応を見つつ、思い切ってシェリダンに石巻工房をイギリスで作ることを打診してみた。ロンドン滞在最終日、彼と朝食ミーティングをしながら最終的な我々の見解は、地産地消はコモンセンスであるということだ。同じことを今ニュージーランドでも動かし始めた。これからの石巻工房を考えていく上では我々にとって重要なアイデアであるが、まだまだ先はわからない。

最後に尊敬するロンドンのデザイナーのマイケルマリオットさんから頂いたメールを引用する。

I thought your presentation at SCP was super nice, one of the nicest
shows SCP has mounted in the shop, and one of the best things i saw in
the week.

マイケルマリオットによる家具も年内には発表できるはずである。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top