blog

ゲストハウスのすすめ

設計事務所をやっていると毎年なかなか不思議な事が起こる。例えば3年前はインドからの仕事で、2年前は南アフリカからの仕事だ。仕事を通して様々な国に行けるのはこの職業のいいところの一つだなと思う。去年は特段変わったところには行かなかったけど、思いつきで事務所のゲストルーム作った。ゲストルームを作ったらこれが思った以上に海外からゲストが来てむしろこちらから行くよりも交流が増えた。ゲストと朝ごはんを食べたり仕事終わりにラーメンを食べたりしながら話ができる。本当に最近だが同時にちょっと面白い可能性も見えてきた。海外の設計事務所とのコラボレーションだ。今週シンガポールからきているout of stockのガブリエルくんは今家族で泊まっているけど日々話をしているなかでシンガポールの住宅を一緒にやることになった。でたまたま来日しているクライアントと急遽来週の月曜日に会うことになった。仕事の進め方として彼のスタッフを日本に送り込んでゲストハウスに滞在させようということになった。スイスのアトリエオイさんともオフィシャルに提携することになったのだけど、双方のスタジオにゲストルームがあることで人的交流の話は飛行機のチケット代だけの問題だ。
ゲストハウスは夏の間インターン生の宿になるが、夏からバルセロナからアーキテクトのカップルがのべ3ヶ月ほど滞在して、その間一緒に3つの仕事をした。今後も仕事をExchangeさせていくことになっている。僕は中国とコンペの仕事、彼らはアンドーラのアーキテクトとして僕らと協働ができると話をしている。
このように去年の驚きは設計事務所にとってのゲストハウスを持つことの可能性を感じたことだ。ゲストハウス作った当初は事務所経営が厳しいときAIRBNBで稼いじゃおうくらいに思っていたけど今は微塵もそんなことを思わなくなった。決して安い投資ではないが-設計事務所を思わぬ形でジャンプさせるちょっとした裏投資だと思う。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top


Happy new year

Happy new year!
I wish you a year filled with peace,good health and happiness.

あけましておめでとうございます。
皆様にとってすばらしい年でありますように。

I would like show some of the latest news and picture.

今年は、もう少しニュースなどを迅速にお伝えできればと思っています。。

1:happy to annouce our office become the cover of INTRAMUROS DESIGN MAGAZINE.

最初のニュースですが。。
INTRAMUROS DESIGN MAGAZINEというフランスの雑誌の表紙にしていただきました。新しいデザインやニュースを独自の視点で紹介していくインディペンデントなデザイン誌で、chantal hamaideさんという編集長が各号の表紙に若いデザイナーやアーキテクトを選ぶということで知られています。彼女の目にかなえば有名であろうがなかろうが関係ないというような視点で選ぶようです。いままでに25年間の間150人ほどのデザイナーが選ばれてきたわけですが、そう思うとちょっとびっくりするくらい光栄なことだなと思いました。日本人は僕で4人目だという話でした。偶然かつ運がよかったことはあるにせよ、今後ヨーロッパでの仕事をしていくなかでは自信をもって仕事をしていけそうな気もします。気がするだけでもうれしいものです。きっかけはHublot design prizeのイベントに彼女がジャーナリストとして招待されており、たまたま弊社でそのイベントの展示設計をしていたからです。chantalさんがびっくりするくらいにその展示空間をほめてくれたので、お礼にメールを書きました。するとその返信が表紙としてあなたの仕事を紹介したいというものでした。こんなこともあるのだなーと実際腰を抜かすほど驚きました。今年はここで運を使いきらないようにしっかり仕事をしていきたいと思います。

この記事にコメントするno comment | Posted by adminTo Top